[PR]

 横浜市保土ケ谷区の70代男性から27日午後8時ごろ、「警察官を名乗る者が自宅に来て通帳やカードを持って行った」と110番通報があった。少なくとも男5人が男性宅を訪れ、家宅捜索を装って室内を物色したうえ、男性宅に保管されていた現金約1200万円などを奪って逃げたという。神奈川県警は強盗事件として捜査している。

 保土ケ谷署によると、男らは27日午後6時ごろ、「警察官です」などと名乗って室内に入り、住宅内にいた男性と妻、息子に対して外に出ないよう指示して室内にとどまらせた。署による事件捜査を装い、現金や、男性から暗証番号を聞き出したキャッシュカードなどを持ち去ったという。男らが立ち去った後、男性が110番通報した。

 一方、千葉県警によると27日午後1時半ごろ、同県市川市の住宅を警察官を名乗る私服の男数人が訪れ、「逮捕状が出ている(ので来た)」と告げた。住人が不審に思い「市川署に確認します」と言うと立ち去ったといい、両県警が関連を調べている。

 千葉県警は、警察官を名乗る訪問があった時の対処方法について「ドアを開けず、『警察に連絡する』と伝えて、実際に最寄りの警察署などに連絡して欲しい」と呼びかけている。(黒田陸離、多田晃子)