[PR]

 愛知県半田市で2015年12月、県営住宅の一室が全焼し、ブラジル国籍の20代の姉妹が遺体で見つかった殺人・放火事件で、愛知県警は28日、ペルー国籍の無職ラ・ロサ・ビテ・エドガルド・アントニー容疑者(34)を殺人の疑いで再逮捕した。容疑について黙秘しているという。捜査関係者への取材で分かった。

 アントニー容疑者は15年12月30日、同市一本木町2丁目の県営住宅3階の一室で、元内縁の妻でアルバイトのアマリリア・マルヤマ・キンベルリ・アケミさん(当時27)と、姉で派遣社員のミシェリさん(同29)の首を圧迫して殺害した疑いがある。同容疑者の弁護人は28日、再逮捕について「コメントを差し控える」と取材に話した。

 この部屋では同日午後2時10分ごろ火災が発生し、全焼。焼け跡から見つかった2人の遺体はのどの骨が折れる圧迫痕があった。首を絞められたか、押さえつけられたとみられる。台所からはガソリン携行缶がほぼ空の状態で見つかった。

 県警は2人が殺害された後に放火されたとみて、捜査本部を設置し、捜査を進めてきた。周辺の防犯カメラの映像を最新技術で鮮明にするなどして解析。出火当時、アントニー容疑者が現場周辺にいたとして、事件発生から約5年後の今月8日、現住建造物等放火容疑で逮捕し、名古屋地検は28日、同罪について処分保留とした。調べに黙秘を続けているという。

 アントニー容疑者は1991年に来日。09年ごろアケミさんと知り合い、一時同居していたが、事件の数カ月前に別れ、車上生活をしていた。県警は交際関係のもつれが事件の背景にあったとみて調べている。

 この事件をめぐっては、火災の夜、亡くなったアケミさんが使っていた車を名古屋市南区で運転していたアントニー容疑者を道路交通法違反(無免許運転)容疑で逮捕。同乗していたアケミさんの娘2人(当時5歳と3歳)を保護した。

 同容疑者は別の事件で服役し、仮出所して名古屋出入国在留管理局に収容されていた。近く、ペルーに帰国する可能性もあったという。

 現場はJR武豊線亀崎駅の北西約1キロの住宅街。(柏樹利弘、山崎輝史、小松万希子)