拡大する写真・図版草彅剛さん(慎芝賢撮影)

[PR]

 NHK大河ドラマ「青天を衝(つ)け」で、江戸幕府最後の将軍、徳川慶喜を演じます。慶喜はつかみどころがない。元々は将軍になりたくないという意思を示していたんだけど、周りに背中を押されて、将軍になっていく。野望ももちろんあったと思うけど、それがストレートにわからないところがおもしろいんです。海外の船や武器にいち早く興味を持つし、頭も切れる。本当は優しい人なのかな。今いろいろ探りつつやっています。

 僕も、真面目にやっているようでやっていなかったり、真面目にやっているのにふざけていると思われたり、わりとつかみどころがないと思われることが多いので、この役に合っていると思う。皆さんに愛してもらえるような慶喜にしたいです。

記事後半では、3月に放送される東日本大震災をテーマにしたドラマの収録で感じたことや今年の抱負について、最新の写真とともに紹介します。

 大河ドラマは、やっぱり規模が…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【本日23:59まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら