【動画】先住民の伝統食材や食文化を引き継ぐツアー@オーストラリア=アキナ・ハンセン撮影
[PR]

 小さな円筒形の果物を割ると、中から小さな粒がいっぱいの実が現れた。

 「これは、フィンガーライム。『森のキャビア』とも呼ばれます」

 確かに、小さな粒はキャビアを想像させる。

拡大する写真・図版伝統の食材を紹介するミニツアーを催すジェラルド・パワーさん(左)。ブーメランの形をした器の上に置いているのは、円筒形のフィンガーライムや、リリーピリーという果物=豪南東部オレンジ、小暮哲夫撮影

 「どうぞ、食べてみて」

 「うわあ、これはおいしい」。手を伸ばした人々に笑顔が広がった。プチプチした食感、柔らかな甘みに酸味と苦み。さわやかな風味が口に広がる。

拡大する写真・図版先住民たちが食べてきた森の果実。円筒形のフィンガーライム(上)とリリーピリー(下)=豪南東部オレンジ、小暮哲夫撮影

 シドニーから西に200キロ余りのオーストラリア南東部オレンジ。先住民(アボリジナルピープル)のジェラルド・パワーさん(59)が催している「ブッシュタッカー(森の食材)」のミニツアーのひとこまだ。

 案内する小さな菜園では、先住民が昔から食べてきた豪州原産の植物が栽培されている。「葉を採って半分に割ってみて」。レモンマートルという低木の細長い葉を折ってみると、その名の通り、レモンのような香りが一気にはじけた。「葉っぱなのに97%がかんきつ成分。ビタミンCたっぷりです」

拡大する写真・図版先住民の食文化を伝えるミニツアーを催すジェラルド・パワーさん。手にしているのは、伝統の食材のひとつ、レモンマートルという低木の葉=豪南東部オレンジ、小暮哲夫撮影

 「これはクック船長が注目した…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら