[PR]

 年末年始に日本海側を中心に大雪が予想されているため、国土交通省は28日、この期間の不要不急の外出を控えるよう求める緊急発表を出した。車の立ち往生を防ぐための通行止めや、公共交通機関の大規模な遅延・運休が起きる可能性があるとしている。

 気象庁によると、30日から1月1日ごろにかけて強い冬型の気圧配置となり、北日本から西日本の日本海側を中心に、平地を含めて大雪が続くと予想される。31日にかけては猛吹雪や暴風の恐れもある。2日以降も冬型の気圧配置は続き、積雪がさらに増える地域もあるという。

 気象庁の週間予報によると、関東では北部の山沿いをのぞいて雪とはならない。ただ、強い寒気の流れ込みがピークとなる今月31日は、名古屋や大阪のほか、鹿児島などでも雪が予想される。雪があまり降らない太平洋側の平地でも積雪になる恐れがあり、同庁は「29日までに備えを」と呼びかけている。

 30日正午からの24時間降雪量の予想は多いところで、北陸60~80センチ、近畿と中国50~70センチ、関東甲信40~60センチ、東北と東海30~50センチ、北海道と九州北部20~40センチ、四国と九州南部10~20センチとなっている。

 今月中旬の大雪では、関越自動車道で車2千台超が立ち往生し、通行止め解除に2日以上かかった。国交省の担当者は「全体の交通量を抑えることが重要」と指摘。「物資輸送を支えている方々もいる。そうした事情がない方には大雪の時期(の移動)を避けてほしい」と呼びかけた。(山岸玲)