[PR]

 声優やナレーターらによる本の朗読を聴く「オーディオブック」が広がっている。スマートフォンの普及とともに利用者はここ数年で急増し、2024年度には市場規模が260億円になるとの推計もある。活字が苦手で本を敬遠していた人の「救世主」にもなっているようだ。

拡大する写真・図版「耳で読む」オーディオブック市場は、2024年度には260億円規模と、現在の3倍以上になるとの推計もある=オトバンク提供

 東京都の会社員の女性(51)は12月、オンラインで読書会を開いた。取り上げた本は「現代経済学の直観的方法」。400ページ以上もあるビジネス書だ。資本主義にとって貯金は悪なのか、消費や貯金残高で幸せを測れるのか。本をもとに参加者らは意見を言い合った。

 女性は400ページ以上もあるこの本を目で読んだわけではない。オーディオブックを使い、耳で「読んだ」のだ。

 本が嫌いだと思っていた。子どものころ、母はよく絵本を読み聞かせてくれていた。ただ、物心ついたころから読めなくなった。本を前にして、いざ読もうと思っても集中できない。「自分はバカなんだ」と思い、長いこと1年に1冊も読まなかった。

 2年前、職場で話題になっていた本をなんとかして読みたいと思い、オーディオブックに出会った。

 聴いた瞬間に「これだ!」と思…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら