関ジャニ大倉さんのこの1年 「メンバーの覚悟みえた」

有料記事

写真・図版
[PR]

関ジャニ∞コトバダマ

 47都道府県をめぐるライブツアーの中止、番組のリモート収録……。コロナ下で関ジャニ∞の活動も大きな影響を受けました。2020年の終わりに大倉忠義さんが思うことは。

    ◇

 この1年は、すべての価値を一度見直すというか、自分の仕事についてとても考えた年でもありました。ステージに立つことが、自分の身体にも習慣としても、いい意味でこんなにもこびりついていたんだなと。それがはがされた時、これほどストレスを抱えるんやなと分かりました。今まで普通にやってきたことが、どんなに大切だったのか。そう感じられたのは大きかったですね。

 人と会うのも同じです。コンピューターの中で仕事をする状況がずっと続いたからこそ、関ジャニ∞としてこの先どう向き合っていくのか、次に向かってのストーリーをメンバーと話す機会も増えました。

 僕が新型コロナで療養したこ…

この記事は有料記事です。残り398文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。