[PR]

 インドの首都ニューデリーとその近郊を結ぶ鉄道「デリーメトロ」の一部路線で28日、インドで初の無人運転が始まった。デリーメトロは日本政府の途上国援助(ODA)によって建設され、多くの日本企業などが関わった。無人運転の核となるシステムにも、東京を走る「ゆりかもめ」を手がけた企業の技術が使われている。

 新システムはニューデリー西部と郊外ノイダを結ぶマゼンタライン(8号線、33・5キロ)で導入された。

 無人運転を可能にした列車制御システムは、ゆりかもめや日暮里・舎人ライナーで使われている技術を発展させたもので、鉄道システムメーカーの日本信号(東京都千代田区)が手がけた。

 これまでは、運転士が列車の停…

この記事は有料会員記事です。残り1057文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1057文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1057文字有料会員になると続きをお読みいただけます。