拡大する写真・図版柴田さんが撮影したニューボーンフォト。フラッシュを使わず、自然光の下で撮影している=本人提供

[PR]

 生まれたばかりの赤ちゃんを撮影する「ニューボーンフォト」。柴田久子さん(50)の出張撮影サービス「Photo Boo(フォトブー)」(大阪市城東区)は昨年、開業4周年を迎えた。撮ることだけにとどまらず、母親が落ち着ける時間を作りたいと話す背景には、子育てに悩んだ自らの経験がある。

 45歳で婦人科系の病気を患い、「命に関わるかも」と宣告された。「たぶん、ここが人生の分岐点だ」。振り返れば家族がいて、趣味を極め、憧れだった教師にもなった。そこで、ふと気づいた。「わたし、もう一つやってみたい仕事があった」

 高校時代から父の影響で一眼レフに親しみ、大手メーカーのコンテストなどで入賞を重ねてきた。2人の娘の成長を撮ってきたから、モデルは子ども。特に生後2、3週間の新生児がいいと思った。

拡大する写真・図版柴田久子さん。出張撮影サービス「Photo Boo」の代表を務める=大阪市城東区、滝沢美穂子撮影

 父は公務員、母は自営業の家に…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら