[PR]

 今年、ここ20年での「底値」まで値崩れしたものがあるという。路上で暮らす人たちが生計の糧にしているアルミ缶だ。愛知県内では、業者が路上生活者から買い取る単価が一時1キロ45円まで下がり、十数年前の半値以下に。新型コロナウイルスの影響とみられる。「今年は悲惨だった」。そう嘆く、ある路上生活者のアルミ缶集めに同行した。

拡大する写真・図版アルミ缶を入れた袋が次々と荷台に積み上がった=2020年12月11日午前7時46分、名古屋市、村上友里撮影

 12月半ば、日の出前の午前6時。名古屋市中心部のオフィス街は、まだ人影も少ない。

 「指先がかじかんで、袋あけられんわ」

 緑の大きめのジャンパーに軍手をした男性(67)は、集積所に置かれた分別されていないごみ袋に手を突っ込むと、アルミ缶をそっと取り出した。

30カ所を3往復 口を閉ざした家族のこと

 「音を出したら迷惑だでね」

 朝と夜、1日2回アルミ缶を集めて15年になるという。持ち去りを条例で禁じる自治体もあるが、名古屋市では禁止されていない。それでもマンションの住民に怒られることもあり、音を出さないよう細心の注意を払う。

 「缶集めを禁止されたら、もう生活できんわな」

 朝7時ごろまでは、新たにごみを出す人はあまりいない。

 「それまでは、夜に集めきれなかった残りの分」

 男性の「いつものコース」は、1平方キロメートルほどの範囲にある約30カ所の集積所を回る。事業所が入ったビルやマンションが並び、飲食店はあまりない。午前6時から2時間かけて、3往復。自転車をこぎながら、横目で集積所をチェックする。

 前かごに、クマのプーさんのキーホルダー。「拾ったんだ」。お気に入りだ。

 そう話して笑顔もみせていた男性は、これまでの経緯を聞くと、表情を曇らせ、やや声をとがらせた。

 名古屋市出身で、広島県の造船…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。