[PR]

 大阪府は27日、新たに150人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表した。感染者が200人を下回るのは180人だった今月21日以来7日ぶりで、180人を下回るのは11月16日以来。また、60~100歳代の男女13人の死亡も確認。1日当たりでは2番目に多い。府内の感染者は延べ2万9143人、死者は557人になった。

 重症者は158人で、府が確保している病床(236床)の使用率は66・9%、すぐに患者を受け入れられる病床(208床)の使用率は76・0%だった。軽症・中等症患者は887人で、確保している病床(1334床)の使用率は66・5%、すぐに受け入れられる病床(1203床)の使用率は73・7%。

 また、同日までに大阪市の高齢者施設で職員や入居者計8人、岸和田市の2カ所の企業で従業員らがそれぞれ7人と5人、守口市役所で職員6人が感染していることも確認された。府はいずれもクラスター(感染者集団)が発生したとみて調べている。