[PR]

 厚生労働省は28日、南アフリカと英国に滞在歴のある10~40代の男女7人が、新型コロナウイルスの変異ウイルスに感染していたと発表した。空港検疫で確認した。南アフリカで報告された変異型に感染していた人が見つかったのは国内では初めて。

 南アフリカの変異型に感染していたのは30代の女性。カタール・ドーハ経由で19日に成田空港に到着。症状はなかった。英国で報告された変異型に感染していたのは男女計6人。40代男性は発熱やのどの痛みがあり、残る5人に症状はなかった。この6人は1~24日に羽田空港に到着した。7人のうち6人は現在も宿泊施設で療養中という。変異型への感染が確認されたのは国内で15人となった。

 国立感染症研究所の脇田隆字所長は「南アフリカの『変異株』は、英国と違う進化の系統と言われている。感染力がどれだけ強まっているかなどのデータは今のところ示されていない」と話した。

 英国の変異型は従来のものに比べ、感染力が強いとされる。(富田洸平)