[PR]

 「第7世代」と呼ばれる若手からベテランまで幅広い芸人たちが集まって「即興ネタ」や「なりきり芸」を披露し、有吉弘行が面白いかどうかを○か×で判定する「有吉の壁」(日テレ系、水曜夜7時)。そこで脚光を浴びた芸人たちが続々と企業CMや他の番組に進出するなど、「壁」は芸人にとって今最も輝ける場所になっている。そこから見えてくる、お笑いの「今」とは。(川村貴大)

 「有吉の壁」は2015年に深夜特番としてスタートし、20年4月からゴールデンのレギュラー放送が始まった。

 「一般人の壁」では、遊園地や商店街などを舞台に、各所に散らばった芸人たちがその場に居そうな「おもしろ一般人」になりきり、MCの有吉と佐藤栞里の前で即興ネタを披露する。即興ネタは数十秒と短く、芸人たちの瞬発力や発想の柔軟さといった新たな一面を垣間見ることができる。芸人たちは有吉より数時間前に現地入りしてネタをやる場所を探し回る。

 「ブレイク芸人選手権」では、流行しそうな新たなキャラクターネタを芸人たちがスタジオで披露する。きつねの「KOUGU維新」がネット上で話題を呼んでシリーズ化され、ジャングルポケットの「ストレッチャーズ」が企業CMに採用されるなど、新たなスターが続々と生まれている。

 総合演出の橋本和明さんが大事にしているのは、芸人が持ってきたネタにできるだけ介入しないことだ。「現場に行って芸人さんにネタをお願いしたら、どこに転がっていくかは分かりません」。展開が読めないワクワク感が笑いを増幅させる。

 昨今のお笑い界について橋本さんは、「芸人さんにとってバラエティー番組でうまく振る舞うスキルを求められる時代が長かった」と語る。「そうじゃないことに優れている人もいっぱいいるけど、そこが評価される場がテレビにはあまり無かった。今まで『この人誰だっけ』と思っていた人が、『こんなに面白かったんだ!』と気づかされるところが、『壁』のアイデンティティーになっていたら良いなと思います」

 橋本さんは「有吉の壁」を「うそが無いお笑い番組」と表現する。「ネタ番組って『全部面白かったね』にすることが多いですが、2021年のテレビにおいてそれが正解なのか」。有吉は面白くなければ容赦なく×を出す。ただ、その後の有吉と芸人の絡みは必ず笑いを生むため、芸人は失敗を恐れず全力で振り切ることができる。

 すべった芸人が有吉や他の芸人からダメ出しやアドバイスをもらい、「壁」にぶつかりながら新しい笑いを模索する過程も描かれる。「ずっと見てくれている皆さんに『あの芸人さん、ここがこのあいだより全然良かったな』とか、『ここ変えてきたんだな』ということも楽しんでもらえるのが良いところだなと思います」

 「もうテレビがブームを作る時代ではない」と橋本さんは言う。「誰も『インポッシブル』をスターにしようと思って出してないし、KOUGU維新を『はやればいいな』と思って出してない。やってみたら『なんだこの反響!』と慌てて面白がっていて、それが今の時代には合っている。見ている目利きの人たちが面白がってくれるものを一緒に楽しみ、それが多少後追いでも良いのが『有吉の壁』なんだと思います」