[PR]

 分子レベルに分解した古着が、新しい服によみがえる。コーヒー豆のかすがジャケットになり、古い羽毛布団からダウンジャケットができあがる。捨てられていたものを服として生まれ変わらせる取り組みが、ファッション業界で進んでいる。

 ドレスやワンピースをまとった高校生が舞台に並んだ。10月、大分県別府市の複合施設であった全国産業教育フェア。約170の高校が学習成果を発表するなか、県立日田三隈(ひたみくま)高校の生活研究部はファッションショーを開いた。

 生地の一部に使ったのが「レニュー」という素材だ。ポリエステル製の古着などを分子レベルにまでほどく。そして、糸に戻して生地にする。部長の藤原唯さん(17)は「質感は普通のポリエステルと変わらない。びっくりした」と話す。

 レニューは、伊藤忠商事が中国…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら