【動画】空爆覚悟で農園回り 内戦続く地から日本に届くモカコーヒー @イエメン=マフムド・モクタリ氏撮影
[PR]

 深煎(ふかい)りの豆をひくと、こうばしい香りが立ちのぼる。愛媛県松前町で美術教室を営む大川理恵さん(47)は昨年、コーヒーを毎日飲む習慣ができた。深みがありながら口当たりはよく、少しスパイシー。とりこになったのはモカコーヒーだ。

 埼玉県に暮らすイエメン人夫妻と知り合ったのがきっかけになった。難民申請中に妊娠したが、出産費用が足りずに困っていた。20代のころエジプトで青年海外協力隊を経験した大川さんは、知人づてに助けを求められた。

拡大する写真・図版自宅でモカコーヒーを楽しむ大川理恵さん。イエメン人夫妻の支援のために奔走した=愛媛県松前町、元屋地伸広氏撮影

 中東のイエメン。2015年から内戦が続き、難民や国内避難民が大量に生まれた。国連は「世界最悪の人道危機」と呼んでいる――。その程度の知識はあった。同じく内戦下のシリアなどと比べ、報道が少ないことも気になっていた。

 イエメンにも貢献する形で、出産費用を集められないか。インターネットで検索すると、大分県のコーヒー輸入販売会社が見つかった。ホームページには「イエメン人のCEOが現地の農家から買い付ける」とある。「内戦下に、どう仕入れているの?」。がぜん興味がわいた。

 イエメンの山岳地帯を一台の車が走る。道沿いには破壊された石塀などが散見される。日本へのコーヒー輸出を手がけるコサイ・アルモガヘッドさん(28)は、ハンドルを握りながら祈る。「神よ。害悪から私を救いたまえ」

拡大する写真・図版日本へのコーヒー輸出を手がけるコサイ・アルモガヘッドさん=本人提供

空爆リスクの中、コーヒー農園を回った

 恐れるのはサウジアラビアが主…

この記事は有料会員記事です。残り1741文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1741文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1741文字有料会員になると続きをお読みいただけます。