[PR]

2021年の箱根駅伝は、1年生が熱い。例年、「スーパー1年生」と呼ばれる選手はいるが、今回は例年にも増して数多くの1年生の活躍が期待されている。

中央大・吉居大和

 名門復活の切り札は、1年生の吉居大和(宮城・仙台育英)が担う。入学してから9カ月間、自らトラック種目で好成績を連発しながら、練習で上級生を突き上げ、強い競争意識を生み出した。

 1920年創部の中大陸上部は、今年がちょうど100周年。箱根駅伝で最多の優勝14度を誇りながら、96年を最後に優勝から遠ざかっている。

 「強い選手がいる区間を走って区間賞を取りたい。できれば往路」

 吉居の強気には、裏付けがある。

 今季、5000メートルではま…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら