高橋大輔の全日本、第一人者が「すごい」とうなったこと

有料記事

構成・吉永岳央
[PR]

 フィギュアスケートのシングルからアイスダンスに転向した高橋大輔(関大ク)が、村元哉中(かな)(同)とカップルを組んで全日本選手権に挑んだ。公式戦デビュー2戦目の結果は出場5組中、2位。初陣となった11月のNHK杯からの成長は――。今後の課題や伸びしろは。全日本選手権を4度制し、2006年トリノ五輪で日本勢史上最高タイの15位に入った第一人者、木戸章之(あきゆき)さん(45)に聞いた。

毎週水曜日にフィギュアスケートにまつわる話題をお届けしています。今年最後の定期配信になります。どうぞ良いお年をお迎えください。

   ■

 NHK杯から1カ月弱。ずいぶんこなれて、上手になっていました。以前は怖々滑っていたけど、今回はもう少し思い切りやっていた印象。特に、つなぎのステップでそれを感じました。自分の滑りを意識しつつ、相手の動きも感じ取る意識が早くも出てきた。ちょっとびっくりしました。

 ダンスを始めたばかりの時って、何をやっていいのか分からず、試行錯誤する感じがみんな絶対にある。だから、(高橋選手も)迷走しちゃうところがあるんじゃないか――。そんな心配をしていたけど、正しい練習をしっかりと積んでいるんだな、と。

 でも、「レベルを稼がないと…

この記事は有料記事です。残り1372文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

フィギュアスケート特集

フィギュアスケート特集

グランプリファイナルの結果や、注目選手の最新情報はこちらから[記事一覧へ]