[PR]

 奈良県明日香村のキトラ古墳(特別史跡、7世紀末~8世紀初め)に描かれた国宝壁画の「玄武(げんぶ)」が2月6日から、村内の「キトラ古墳壁画体験館 四神(しじん)の館」で公開される。3月7日まで(2月17日、3月3日閉室)。

 無料。定員は各日約240人、1月5日午前10時~1月10日までに事務局ホームページ(http://www.kitora-kofun.com別ウインドウで開きます)か往復はがき(当日消印有効)で申し込む。問い合わせは事務局(06・6281・3060)。

 また、高松塚古墳(特別史跡、7世紀末~8世紀初め)に描かれた国宝の極彩色壁画「飛鳥美人」(西壁女子群像)や東壁女子群像、北壁玄武なども2月6~12日、明日香村の仮設修理施設で公開される。

 無料。各日約120人。1月5日午前10時~1月10日までに事務局ホームページ(http://www.takamatsuzuka-kofun.com別ウインドウで開きます)か往復はがき(当日消印有効)で。問い合わせは事務局(06・6281・3040)。

 いずれの公開も新型コロナウイルス感染防止対策への協力を求めている。(清水謙司)