[PR]

 「2020年三重県の絶景TOP10」を、県観光連盟が発表した。連盟がインスタグラムに投稿した県内の美しい景色や観光スポットの中で、「いいね!」の数(12月23日時点)によって順位を付けた。

 1位に輝いたのはボードに乗り、パドルで水面をこぐ「SUP(サップ)」の様子を大台町の宮川で撮影した写真。以下多い順に熊野市の鬼ケ城、伊勢市の夫婦岩が続いた。また、伊勢シーパラダイス(伊勢市)で人気があるツメナシカワウソのひらり(6位)や、志摩市のあづり浜で撮影した幻想的な風景(7位)も上位10点にランクインした。

 インスタグラムは、「#kankomie」と付けて投稿されたものや、連盟主催のフォトコンテストの応募作品の中から、担当者が投稿している。(大滝哲彰)

2020年三重県の絶景TOP10

1位 宮川でのSUP(大台町) 4034

2位 鬼ケ城(熊野市) 3695

3位 夫婦岩(伊勢市) 3619

4位 笠木渓谷の紅葉(大紀町) 3408

5位 そうぶんの竹あかり(津市) 3407

6位 カワウソのひらりくん(伊勢市) 3406

7位 あづり浜(志摩市) 3154

8位 河内の大銀杏(南伊勢町) 3124

9位 コスモス畑(東員町) 3040

10位 二見興玉神社 夏至祭(伊勢市) 3028

(数字は12月23日時点の「いいね!」の数)

関連ニュース