坂本冬美さん、暗転した人生救った手紙 船での別れに涙

有料記事

照井琢見
[PR]

 ときに力強く、ときにはしっとりと。こぶしをきかせ、情感たっぷりに歌い上げる歌手、坂本冬美さん(53)には、「第二のふるさと」と呼ぶ場所がある。

 瀬戸内海に浮かぶ、愛媛県の離島・中島。毎年、島の農家から特産のミカンが届く。「島の人は、まるで本当の親のよう」

 コロナ禍で世の中が一変しても変わらない、島とのつながり。30年前に歌ったある曲が、その縁を結ぶ。

「普通のお姉ちゃんみたいな気持ちで」

 1989年5月、島の南側に…

この記事は有料記事です。残り1525文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント