[PR]

 30日午前5時5分ごろ、茨城県笠間市旭町のアパートで、住民から「うるさいので来てほしい」と110番通報があった。

 笠間署によると、警察官2人がアパートの一室を訪ねると、包丁を持った男が知人と口論になっていた。警察官が刃物を捨てるよう説得したが男は聞かず、包丁を突き出したため、警官が拳銃を2発発砲し、男を取り押さえた。

 男は同市の建設業池田一貴容疑者(25)で、署は公務執行妨害と銃刀法違反の疑いで現行犯逮捕した。容疑を認めているという。銃弾は脇腹をかすめており、池田容疑者はいったん釈放され、病院に運ばれた。命に別条はないという。

 油川智樹副署長は「現時点で拳銃の使用は適正であったと考えております」とコメントした。