[PR]

 2021年の箱根駅伝は、1年生が熱い。バイオリンが特技という神奈川大の佐々木亮輔は1年生ながら、3日のメンバー変更で最終10区を任された。15位でたすきを受け取り、一つでも順位を上げようと、必死の走りを見せている。

神奈川大・佐々木亮輔

 絶対音感の持ち主で、特技はバイオリンだ。

 駅伝に似つかわしくない“インドア派”の1年生が神奈川大のメンバーに入った。佐賀・鳥栖工高出身の佐々木亮輔は高校時代に3年連続で全国高校駅伝に出場し、3年生の時は準エース区間の4区で4位と好走した。

 1万メートルの自己ベストは29分台とまだまだだが、4位で通過した箱根駅伝の予選会(ハーフマラソン)ではチームで5番目にフィニッシュした。本番でもシード権確保の目標に向けて、期待が高い。

 5歳から始めたバイオリンは福岡・壱岐小6年の時に久留米市で開かれた国際コンクールで2位になったほどの腕前だ。

 「今も、近くの公園で弾きます。いい気分転換になります」

 耳で聞いただけで音程が分かる…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら