[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、東京都の小池百合子知事は30日、臨時の記者会見を開き、「年末年始のここで感染を抑えなければ、緊急事態宣言の発出を国に要請せざるを得なくなる」と危機感を示した。「徹底して人の流れを抑えていかなければならない。都民一人ひとりの行動が感染動向を左右する」と述べ、不要不急の外出自粛や帰省の取りやめなどの徹底を強く求めた。

 30日の都内での感染者は過去2番目に多い944人が確認され、週平均での1日あたりの感染者数は29日時点で787人と過去最多を更新した。

 こうした感染状況を踏まえ、小池知事は30日の会見で「いつ感染爆発が起きてもおかしくない、さらに誰が感染してもおかしくない。この年末年始は、感染拡大を食い止められるか否かの分水嶺(ぶんすいれい)」と訴えた。

 都民に求める取り組みとして、「いつものお祝いごと、楽しみ、年末年始はたくさんあるが、今回は諦めてください」と強調。子どもたちを呼んだホームパーティーや親族らが集まっての飲み会を避けるよう求め、「正月のおせちを召し上がる際もいつもの家族にしていただきたい。高齢者や持病のある方と一緒に暮らす家庭では、うちでもマスク着用をお願いする」と呼びかけた。

 また、英国や南アフリカで確認され、感染力がより強いとされる変異ウイルスについて、「未知の課題で、最大級の警戒と備えをする必要がある」との見解を示した。都内での発生状況を把握するため、東京感染症対策センター内に検討チームを立ち上げ、都健康安全研究センターなどで実施した遺伝子解析の結果を分析していることも明らかにした。(荻原千明、岡戸佑樹)