[PR]

 30日午後3時半ごろ、静岡県島田市大代の山中で、「ヘリコプターが落ちた音がした」と近隣住民などから110番通報があった。付近の山中にヘリ1機が墜落しており、、パイロットの出村孝太郎さん(46)=千葉県浦安市当代島2丁目=が病院に搬送されたが、まもなく死亡が確認された。

 静岡県警によると、出村さんは1人で搭乗していたとみられる。国土交通省によると墜落したヘリ(ロビンソンR66型)は民間機で、パイロットが個人として運航。津市の伊勢湾ヘリポートを午後3時に出発し、横浜市内に向かっていたという。国の運輸安全委員会が事故原因を調査している。

 現場は、新東名高速島田金谷インターチェンジの西約4キロの山中。周辺に民家はなく、墜落に巻き込まれた人がいるとの情報はないという。

    ◇

 島田市大代の主婦山内政江さん(79)によると、午後3時半ごろ、「バリバリ、バーン」という大きな音を耳にした。何かが落ちたのではないかと思い、外に出たが炎や煙は見えなかったという。「聞いたことがないようなすごい音。驚いた」。自宅近くにはパトカーや消防車が集まり、暗くなった山肌に捜索隊のライトの明かりが見えているという。