根性焼きされ大学退学…甲子園Vの元主将が罪を犯すまで

有料会員記事

福冨旅史
[PR]

 千葉県八街市で2019年、強盗目的で住宅に侵入し住人にけがをさせたとして、強盗致傷などの罪に問われた無職千丸(ちまる)剛被告(21)の裁判員裁判論告求刑公判が28日、千葉地裁であった。検察側は懲役6年を求刑。弁護側は「再犯の可能性は低い」として執行猶予付きの判決を求めた。判決は2月4日の予定。

 千丸被告は、花咲徳栄高(埼玉)が2017年夏の甲子園で優勝した時の主将。共犯とされる20代の被告の男3人には、懲役7~11年が求刑された。

 検察側は論告で、千丸被告が他の被告と現場に向かう車内にいた約4時間で、強盗と知らされていなかったのは不自然と指摘。「女性を押さえつけるなど積極的に参加している。公判で自らの高校時代の活躍を雄弁に語った一方、真摯(しんし)な反省をしていない」とした。

 弁護側は、千丸被告は強盗とは聞かずに参加し、犯行前に「逃げたらヤクザに家族が狙われる」などと脅されたと主張。現場でも恐怖のあまり、指示をされても女性に暴行できなかったとして、「最も役割は小さい」とした。

 起訴状によると、4人は金品を奪う目的で、19年4月26日夜、八街市の住宅に侵入。バールでこの住宅に住む夫を殴るなどし、頭蓋骨(ずがいこつ)骨折など全治約3カ月の重傷、妻の額に全治約10日の切り傷の軽傷を負わせたなどとされる。(福冨旅史)

被告が語った1年半の経緯

 2017年夏に甲子園の頂点に立った球児が、強盗事件の被告として法廷に立った。わずか1年半の間に何があったのか。27、28日の被告人質問で一端が明らかになった。

 千丸被告は高校卒業後の18…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。