[PR]

 大阪国際女子マラソンは31日、大阪市の長居公園内の周回コースであり、東京五輪のマラソン代表に内定している一山麻緒(23)=ワコール=が大会記録の2時間21分11秒で初優勝した。一山はスタート直後に、同じく東京五輪の代表に内定する前田穂南(24)=天満屋=と2人で飛び出した。13キロすぎに前田が遅れて単独トップに。中間点付近からペースが落ちたが、終盤にリズムを取り戻した。前田は2時間23分30秒の自己ベストで2位だった。

 今大会は新型コロナウイルスの感染リスク低減のため、従来の市街地を巡るコースを断念し、無観客の中で1周2・8キロを14周と5分の4走るコースで開催された。

 ペースメーカーは男子の川内優輝(33)=あいおいニッセイ同和損保=らが務め、序盤からハイペースで日本新記録を狙ったが、野口みずきが2005年に出した2時間19分12秒の更新はならなかった。(記録は速報値)