第16回あのビスケット、すごく青春の時間だった 宇多丸さん

聞き手・宮崎亮
[PR]

あなたの「勝負飯」は何でしたか? 各界で活躍する受験経験者からの、受験生へのメッセージをお届けします。

受験する君へ ラッパーでラジオパーソナリティーの宇多丸さん

 受験の頃の「勝負飯」なんてのはないよ。そもそも、受験のために勝負飯、みたいなこと考えたら緊張するだけじゃない? やめたほうがいいよ。俺はあんまそういう発想ないっていうか、普段の生活しなよって思う。

 あえていえば……高校の時、学校終わってからいつもみんなで行ってた池袋のケンタッキーの、ビスケットの味を思い出すって感じかな。今でも売ってると思いますけど、あのモサモサしたビスケット、蜂蜜みたいなのかけて食べるやつ。学校帰りにみんなで(店に)たまって食べた。すごく青春な時間だったな。

 四ツ谷の駿台予備校に行った帰りも、友だちのコバヤシくんと水道橋くらいまで歩いて一緒に帰って。いかに自分たちの学校が非合理なシステムで動いてるか、みたいな話をしながら……。必ず何かしら友だちと無駄な時間を過ごしていた。そういうのは楽しかったな。

 なんかこう、「勝負だ!」「ここでやんなきゃおしまいだ!」みたいに、目を血走らせてやったって、あんまりいいことにならないような気がするんですよね。落ちたって、別に死ぬわけじゃなし。

 いろいろ友だちとバカやったりもしたけど、そういう一つひとつの出来事だって、一生に一度しか経験できないよ。(聞き手・宮崎亮

     ◇

〈うたまる〉ラッパー、ラジオパーソナリティー。1969年、東京都生まれ。早稲田大学法学部卒。ヒップホップグループ「ライムスター」メンバー。TBSラジオ「アフター6ジャンクション」を担当。ラジオ番組内での映画評も支持を集めている。

連載受験する君へ(全34回)

この連載の一覧を見る