天皇、皇后両陛下は1日、皇居・宮殿で、皇族方や三権の長、各国大使らから祝いの言葉を受ける「新年祝賀の儀」に臨んだ。天皇陛下は、「新しい年を共に祝うことを誠にうれしく思います。年頭にあたり、国民の幸せと国の発展を祈ります」などと述べた。

 新年祝賀の儀は、毎年元日に行われる国事行為で、今年は新型コロナウイルス感染症防止のため出席者全員がマスクを着用した。天皇陛下と秋篠宮さまは燕尾服(えんびふく)姿。皇后雅子さまを始めとした女性皇族はロングドレス姿だったが、ティアラは着用しなかった。コロナ禍で苦労する国民の状況に鑑み、着用をとりやめたという。(杉浦達朗)