明治神宮の参拝客は激減 「密」つくらない静かな初詣に

【動画】様変わりした初詣の光景、人垣が消えた神社=長島一浩撮影
[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか迎えた新年。東京都渋谷区明治神宮では1日朝、例年よりも参拝客が激減した初詣風景が見られた。訪れた参拝客も、感染防止のため「密」をつくらないよう気をつけながら、静かに手を合わせていた。

 毎年三が日に300万人以上が訪れる明治神宮では、大みそかから元日にかけての終夜参拝を中止した。1日午前6時に開門すると、数百人の参拝客が境内に入った。

 明治神宮によると、例年なら午前10時ごろには移動規制がしかれるほどの参拝客が訪れるというが、この日は人影はまばら。外国人参拝客の姿もほとんどなく、広報担当者は「こんなに人が少ない初詣は初めて」と驚く。

 感染防止策として、授与所を本殿から離れた駐車場と芝地の2カ所に設置。お守りや御朱印などが入ったケースには、参拝客が直接手で触れないよう防護パネルを取り付けた。拝殿前では参拝客同士が距離を空けるよう、1メートル間隔で目印も置かれた。

 東京都品川区の仲井澄子さん…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]