第1回赤い血の色に感じた違和感 法医解剖医は真実を切り開く

有料会員記事

山崎毅朗、二宮俊彦

拡大する写真・図版デザイン・花岡紗季

[PR]

 それは「事件性なし」として運ばれてきた遺体の解剖だった。

 産後間もなく実家に帰省していた30代女性の遺体。遺族の承諾を得て死因を明らかにする「承諾解剖」のため運ばれてきた。

 遺体に目立った異状はなかった。だが、つぶさに見ていくと、「溢血(いっけつ)点」と呼ばれる、窒息したときに現れる斑点が、顔から首にかけてわずかにあった。

 頸部(けいぶ)を切開してみると、皮下出血が鮮明に現れた。それは人の指の形を示していた。解剖は中断され、事件性を見極める「司法解剖」に切り替えるため、警察官が裁判所へ走った。

 司法解剖の結果、女性は病死…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら