【往路詳報】創価大が往路初V 2位東洋、青学は12位

[PR]

 第97回東京箱根間往復大学駅伝競走箱根駅伝)は2日、東京・大手町から神奈川・芦ノ湖までの往路(5区間、107・5キロ)が、20校と関東学生連合(オープン参加)の計21チームが参加して行われ、2年連続4度目の出場となった創価大が5時間28分8秒で往路初優勝に輝いた。

 創価大は2位でたすきを受けた4区の嶋津雄大(3年)が、5・6キロ付近でトップに躍り出た。4区を終えた時点で2位とは1分42秒差。5区の山登りでは、三上雄太(3年)が安定した走りでリードを守り切った。

 2位には2分14秒差で東洋大が入った。3位は駒大、4位は帝京大、5位は東海大だった。総合2連覇を狙う青学大はトップと7分35秒差の12位に沈んだ。

 1~5区の区間最高は以下の通り。

 1区(21・3キロ) 鎌田航生(法大)1時間3分0秒▽2区(23・1キロ) イェゴン・ビンセント(東京国際大)1時間5分49秒=区間新▽3区(21・4キロ) 石原翔太郎(東海大)1時間2分5秒▽4区(20・9キロ) ポール・オニエゴ(山梨学院大)1時間2分15秒▽5区(20・8キロ) 細谷翔馬(帝京大)1時間11分52秒