第2回忘れられない解剖、性暴力の理不尽さ あなたは悪くない

有料会員記事

二宮俊彦、山崎毅朗

拡大する写真・図版遺体が語る「声なき声」に耳を傾ける法医解剖医。5回連載でその現場を伝える。デザイン・花岡紗季

[PR]

 司法解剖をすることになったその女性は、20代前半だった。ビルからの転落死。複数の男に性的暴行を受けた数日後だった。

 山口大の法医解剖医・高瀬泉にとって、忘れられないケースのひとつだ。法医学者として歩み始めた頃のことだった。指導教官の補助として、解剖台に横たわる女性に向き合った。

 警察官の説明では、女性は乗用車に1人で乗っていた男から「家まで送るよ」と声をかけられ、連れて行かれた先で被害を受けた。

 その時の高瀬の脳裏に、研修医時代の出来事が浮かんだ。近畿地方総合病院。産婦人科の看護師から「あの女性は子どもが生まれたら乳児院に預けるそうです」と耳打ちされた。10代後半の女性。複数の男から性的暴行を受け、誰が父親か分からず自分では育てられない――。

 「女性たちがなぜ、こんな目に遭うのか」。物言わぬ遺体を前にして、性暴力の理不尽さに高瀬はぼうぜんとする思いだった。あっという間に時間が流れ、解剖の詳細な過程は覚えていない。ただ、その女性の顔は網膜に焼き付いている。

硬直する体

 2020年3月18日、高瀬の姿は東京高裁の法廷にあった。

 12歳だった長女への強姦(…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら