国内コロナ死者、3500人超える 増加のペース速まる

新型コロナウイルス

[PR]

 新型コロナウイルスの国内の死者数が、朝日新聞の集計で1日、3500人を超えた。コロナ感染が確認された死者数であり、死因は必ずしもコロナではないが、2日午後8時現在で3572人となっている。

 国内で死者が初めて確認されたのは昨年2月13日。約5カ月後の7月20日に1千人、約4カ月後の11月22日に2千人を超えたが、それ以降は増加ペースが速まり、1カ月後の12月22日に3千人を超えた。

 一方、インフルエンザが死因で亡くなった人は、2019年の年間で3571人で、18年は3325人。インフルエンザの流行期は12月ごろから翌年3月ごろなので、19年の年間死者数は、18年末からの流行期後半分と19年末からの流行期前半分の合計となる。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]