逆転V狙う東洋、駒沢、東海は何思う 箱根駅伝は復路へ

有料会員記事

[PR]

  第97回東京箱根間往復大学駅伝競走箱根駅伝)は2日、東京・大手町から神奈川・芦ノ湖までの往路(5区間、107.5キロが、20校と関東学生連合(オープン参加)の計21チームが参加して行われ、2年連続4回目の出場となった創価大が5時間28分8秒で往路初優勝に輝いた。3日の復路で、創価大を追うのはどのチームになるのか。

東洋大、西山温存「チャンスある」

 前回で総合10位に沈み、巻き返しを狙う東洋大は、昨年5区で区間賞の宮下隼人が順位を三つ上げて往路2位につけた。2区を任された1年生の松山和希も区間4位でカバーするなど崩れる選手がいなかった。「粘り強い東洋らしいチーム」と酒井俊幸監督は言う。主将の西山和弥をまだ補欠に温存しており、復路に投入する可能性が高い。首位・創価大と2分14秒差。「2分差なのでチャンスはある」。7年ぶりの総合優勝が視界に入ってきた。

駒大の名将、青写真は?

 昨秋の全日本大学駅伝覇者・…

この記事は有料会員記事です。残り423文字有料会員になると続きをお読みいただけます。