[PR]

 東京消防庁は2日、1~2日午後3時までに、東京都内(稲城市と島しょ部を除く)で70~90代の男女9人が餅をのどに詰まらせ、救急搬送されたと発表した。このうち1人が搬送時点で死亡が確認され、ほか7人も心肺停止などの重い症状、1人が軽症という。

 同庁によると、搬送されたのは70代2人、80代5人、90代2人。西東京市では1日午前10時すぎ、90代の男性が自宅で餅をのどに詰まらせて心肺停止になり、死亡した。2日午前8時半すぎには多摩市で、70代の男性が自宅で雑煮の餅を詰まらせ、心肺停止となったという。

 餅や団子による窒息事故は、年末年始に集中する。救急搬送される人はお年寄りが多く、2019年までの5年間では65歳以上が89%を占めている。同庁は、餅を小さく切る▽ゆっくりとかんでからのみ込む▽乳幼児やお年寄りと一緒に食事する際は、注意を払う▽餅を食べる前に、お茶や汁物でのどを潤す▽応急手当ての方法を調べておく――などの注意を呼びかけている。