63歳で司法試験合格 初受験から40年、あの日を境に

有料会員記事

聞き手・西田理人
[PR]

 山形市の粟野和之さん(65)は東日本大震災後、司法試験に再び挑み、3年前に63歳で合格した。大学在学中の初受験から40年以上が過ぎ、二十数回目で念願かなった。

 自宅のパソコンで自分の受験番号を見つけて、グッと拳を握りしめました。

 中学生の頃に見た海外ドラマがきっかけで、弁護士に憧れました。大学卒業後も家庭教師の傍ら、司法試験を受け続けたが不合格。母親の説得で、30歳を過ぎて裁判所に就職しました。

 東北各地や東京の裁判所を転々としながらキャリアを重ねた。震災当時は仙台地裁の会計課長だった。

 あの日は、地裁5階の部屋で…

この記事は有料会員記事です。残り1171文字有料会員になると続きをお読みいただけます。