[PR]

 ラグビーの第100回全国高校大会第5日は3日、大阪・東大阪市花園ラグビー場で準々決勝4試合があり、4強が決まった。

 大阪朝鮮(大阪第2)は終盤のピンチをしのぎ、流通経大柏(千葉)を破って10大会ぶりの4強入りを決めた。2連覇を狙う桐蔭学園(神奈川)は前回決勝で対戦した御所(ごせ)実(奈良)を破り、6大会連続で準決勝に進出。京都成章は中部大春日丘(愛知第1)を下して6大会ぶりの4強入り。優勝経験校同士の対決となった東海大仰星(大阪第1)―東福岡(福岡第1)は21―21で引き分け、抽選の結果、東福岡が準決勝に進んだ。

 5日の準決勝の組み合わせ抽選が行われ、第1試合は京都成章―東福岡、第2試合は大阪朝鮮―桐蔭学園の対戦となった。