[PR]

 千葉県の住宅街にある一軒家。朝、女性(36)が2階にある自室のベッドでまどろんでいると、突然ドアが開き、知らない男たちが入ってきた。

 男の1人に告げられた。「私たちと一緒にきてもらいます」

 続けて、こうも問われた。「将来のこととか、ちゃんと考えてるの」

拡大する写真・図版「引き出し」ビジネス② グラフィック・米澤章憲

 男たちとともにドアを開けた母は、すぐに姿を消した。2017年10月のことだった。

 夕方まで、7時間にわたる「説得」が始まった。

 女性はその2年前から自室にひきこもり、たまにコンビニに出かけるのがやっとの状態だった。母との仲も険悪で、父は別居中だった。

 「自立センターの相談員」。母の依頼で来たという男はそう名乗った。「役所の福祉関係の人なのかな」と思ったが、公務員にしては雰囲気が粗暴に感じられた。

「引き出し屋」と呼ばれる業者の実態をルポする連載の2回目では、部屋から連れ出された娘や息子がその体験を語る。

 自分は下着もつけず、部屋着姿…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら