[PR]

 第97回東京箱根間往復大学駅伝競走大会は3日、復路の5区間109・6キロがあり、駒大が10時間56分4秒で13年ぶり7度目の優勝を飾り、昨秋の全日本大学駅伝との2冠を達成した。

 9区終了時点でトップの創価大とは3分19秒差。戦後、10区でこの差を逆転した例はない。逆転は絶望的に見えても、駒大の大八木弘明監督は10区を任せた石川拓慎(3年)を鼓舞し続けた。

 「いいぞ、おまえ! 本当にいいぞ! いいか、ここだ、ここからだ!」

 最終10区の20キロ過ぎ。運営管理車から大八木監督がさらに活を入れる。石川は「力になるのはもちろん、スイッチをオンにしてくれた」と、スピードをさらに上げた。そして20・9キロ付近、先頭の小野寺勇樹(同)をこの日初めてとらえ、一気に抜き去った。

 終盤の苦しい、肝心な場面で力…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら