[PR]

 第99回全国高校サッカー選手権大会で山梨県代表の山梨学院は3日、さいたま市であった3回戦で、藤枝明誠(静岡)を1―1からのPK戦の末に破り、10年ぶりに8強入りした。5日の準々決勝で昌平(埼玉)と対戦する。

 前半31分、FW野田武瑠選手が右サイドのドリブルから中央に折り返し、MF浦田拓実選手が右足で合わせて先制ゴールを奪った。しかし、2分後にゴール前の混戦からこぼれ球を決められ、追いつかれた。

 後半は両校とも無得点でPK戦に突入。山梨学院は7人全員がシュートを決め、最後はGKの熊倉匠主将が相手7人目のシュートを右に飛んで止めた。

関連ニュース