最後の箱根駅伝は30mの給水係 引退の青学大主将

有料会員記事

辻隆徳
[PR]

 最後の箱根駅伝は、30メートル走っただけだった。それもチームのサポート役。給水係だった。

 それでも、青山学院大4年、主将の神林勇太はまっすぐな目で振り返った。

 「人生で一番、頑張った1年だった。最後の成果を発揮することはできなかった。でも、それまでに出し切った」

 思わぬ出来事に見舞われたのは、昨年12月28日。箱根駅伝開幕の5日前、エントリー発表の前日だった。痛みが引かないところがあった。念のために検査をすると、お尻あたりの仙骨に疲労骨折が見つかった。

 神林はチームの柱だ。昨年の…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら