[PR]

 新潟県上越市は、同じ名前の新幹線が止まらない街です。有名な観光地があるわけでもなく知名度はいま一つですが、誇れるキャッチフレーズがあります。それは「日本のスキーが始まった地」なのです。

     ◇

 この国のスキーの始まりを知るにはここしかない。新潟県上越市の「日本スキー発祥記念館」。入館すると、軍服をまとった人物像が迎えてくれる。テオドール・エドラー・フォン・レルヒ少佐。上越では今も親しまれる「レルヒさん」だ。

拡大する写真・図版日本スキー発祥記念館=上越市大貫2丁目

 「レルヒさんによって、高田にスキー文化が花開きました」。解説をお願いした市立歴史博物館の学芸員、荒川将さん(40)がにこやかに言った。

 まず歴史を振り返ろう。オーストリア・ハンガリー帝国の軍人だったレルヒさんが来日したのは1910(明治43)年11月。04~05年の日露戦争で大国ロシアを破った日本陸軍の調査が目的だった。なのに、なぜか、ふた組のスキー板を携えていた。荒川さんは「日本の雪を滑ってみたかったのかもしれませんね」と話す。

拡大する写真・図版レルヒさん(前列左)によるスキー講習会の様子=日本スキー博物館(長野県野沢温泉村)提供

 レルヒさんが「伝道師」になるには二つの幸運が重なった。一つは配属先が豪雪地帯の旧高田町(後に旧高田市、現上越市)にあった陸軍13師団だったこと。もう一つは師団長が「プロペラひげ」で知られる長岡外史(がいし)(1856~1933)だったことだ。

拡大する写真・図版日本スキー発祥記念館にある長岡外史の頭像。いかめしい「プロペラひげ」がユーモラスにも見える=上越市大貫2丁目

 欧州留学の経験からスキーに理解のあった長岡の下、レルヒさんが13師団歩兵58連隊の将校14人に1本杖のスキーを指導したのは11年1月12日。この日が「日本スキー発祥の日」とされている。

拡大する写真・図版長岡外史が建てた旧師団長官舎。門を入って右側に長岡の胸像がある=上越市大町2丁目

 だが、この日の講習会場は兵営の庭。今は市立城西(じょうせい)中学校がある平地だ。将校たちは斜面を滑っていなかった。「スキーの着け方などを教わったのです」と荒川さん。発祥の日とは「日本人がスキーに触れた日」なのだ。ちなみに将校たちが「大日本スキー発祥之(の)地」の石碑がある金谷山を滑ったのはその2日後の14日だった。だけど……。

拡大する写真・図版レルヒさんがスキーの着け方を教えた場所は市立城西中学校になっている。一角に「メテレスキー(スキーをはきなさい)の地」と書かれた石碑と案内板が立っている=昨年12月23日、上越市南新町

「発祥の地」でなく「伝来の地」なのか

 インターネットのグーグルで「スキー発祥の地」と検索するとギョッとする見出しが上位に出てくる。

 「〈提言〉上越は日本スキー『発祥の地』じゃないよ」。ネットニュースサイト「上越タウンジャーナル」の10年前の記事だ。

 記事は言う。「スキーとスキー…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら