[PR]

 トランプ米大統領がジョージア州の選挙管理責任者であるラフェンスパーガー州務長官(共和党)らに対し、バイデン次期大統領が勝利した大統領選の投票結果を覆すのに十分な票を「見つける」ように直接要求していたことがわかった。ワシントン・ポストが3日、トランプ氏と州政府高官との間で交わされた1時間にわたる電話会談の音源を入手し、報じた。

 昨年11月の米大統領選で大接戦となった同州は2回にわたる再集計の結果、バイデン氏がトランプ氏に1万1779票差で勝利したと認定。しかし、トランプ氏は今月2日、ラフェンスパーガー氏ら州政府高官との電話会談で「私が望んでいるのは1万1780票を見つけることだけだ」と述べ、バイデン氏との票差を1票でも上回る票を上積みした集計結果を改めて出すように暗に求めた。

 トランプ氏はまた、「私はジョージア州では負けていない」と繰り返し、「我々は数十万票の差で勝っている」と根拠なく主張。投票用紙がシュレッダーにかけられて廃棄されたり、投票集計機メーカーが勝手に機器を持ち去ったりしたという「うわさ」があると訴え、「犯罪行為だ。あなたたちはこうしたことを起こしてはいけない。これはあなたたちにとって大きなリスクだ」と述べ、ラフェンスパーガー氏らが要求を受け入れるように脅迫した。

 しかし、ラフェンスパーガー氏は「あなたのデータは間違っている」などと述べ、トランプ氏の要求に応じない姿勢を見せた。(ワシントン=園田耕司)