神田明神、スーツ姿少なく 参拝申し込み「7割ほど」

新型コロナウイルス

瀬戸口翼
[PR]

 多くの企業が仕事始めを迎える4日、丸の内や大手町などのビジネス街に近く、スーツ姿の初詣客が境内を埋める光景が風物詩の神田明神東京都千代田区)は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、例年より人出は少なかった。

 同神社には例年、1月中に1万社ほどの企業の参拝の申し込みがあるが、今年は「7割ほどにとどまっている」という。

 神社は、境内の混雑状況が分かる定点カメラ映像をインターネットでライブ配信している。夜間や早朝など、日中の混雑時を避ける「分散参拝」を呼びかけている。境内各所にアルコール消毒液を設置する他、参拝者が使用する手水舎(てみずしゃ)のひしゃくを撤去するなど感染対策に取り組んでいる。

 会社の同僚と参拝に来ていた社会人1年生の近藤瑛佑さん(23)は「困難に負けず、変化に対応した働き方をしたい」と新年の抱負を語った。(瀬戸口翼)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]