菅首相「ワクチン接種、2月下旬までにできるよう準備」

新型コロナウイルス

【動画】年頭の記者会見を行う菅義偉首相=代表撮影
[PR]

 菅義偉首相は4日午前の年頭の記者会見で、新型コロナウイルスの感染状況について「非常に厳しい状況だと認識している」としたうえで、「緊急事態宣言の検討に入る」と表明した。東京、神奈川、千葉、埼玉の1都3県を対象にする方向で調整を急ぐ。

 11日まで全国一斉停止となっている観光支援策「Go To トラベル」について、首相は「緊急事態宣言となれば再開はなかなか難しい」と述べた。

 首相は「経路不明の感染原因の多くは、飲食によるものと専門家が指摘している。飲食でのリスクを抑えることが重要だ。飲食店の時間短縮にご協力いただくことが最も有効だ」と強調。新型コロナ対応の特別措置法について、「(営業時間の短縮要請などをめぐり)給付金と罰則をセットにして、より実効的な対策をとる」として、改正案を18日に召集予定の通常国会に提出する方針を示した。

 ワクチンについては「感染対策の決め手」とし、「承認されたワクチンをできる限り2月下旬までには、接種を開始できるように政府一体となって準備を進めている」と表明した。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]