[PR]

 菅義偉首相の4日の記者会見の主な内容は、次の通り。

冒頭発言

 例年は伊勢神宮へ参拝後、年頭の記者会見を行ってきたが、今年は新型コロナウイルスの状況を踏まえ、参拝を延期し、官邸で会見を行うことになった。

 新型コロナの経路不明の感染原因の多くは、飲食によるものと専門家が指摘しており、飲食でのリスクを抑えることが重要だ。1都3県について改めて(営業)時間短縮の20時までの前倒しを要請する。国として緊急事態宣言の検討に入る。内容を早急に詰め、給付金と罰則をセットにして、より実効的な対策をとるために特措法を通常国会に提出する。

 ウイルスの変異種については外国人の新規入国を原則拒否し、入国規制を強化。ビジネストラック(ビジネス関係者の往来)も相手国で変異種が発見された際は即時停止とする。

 国として看護師などの確保、財政支援を徹底し、各自治体と一体となって病床確保を進める。必要ならば自衛隊投入も躊躇(ちゅうちょ)しない。

 ワクチンは当初2月中だった治験データが今月中にまとまる予定だ。2月下旬までには、接種開始できるように準備を進める。医療従事者、高齢者などから順次開始したい。

 携帯電話料金は本格的な競争に向けて大きな節目を迎えた。また5年間で15兆円規模の国土強靱(きょうじん)化にも取り組む。9月にはデジタル庁をスタートさせ、いよいよ改革を本格化させる。不妊治療の保険適用を来年4月から開始する。さらに今後4年間で14万人分の保育の受け皿も整備し、待機児童の最終的な解決を図る。

 バイデン次期大統領の就任後、できる限り早く会って日米同盟の絆をより強固なものにする。東京五輪・パラリンピックは人類が新型コロナに打ち勝った証しとして、また東日本大震災からの復興を世界に発信する機会としたい。国民のために働く内閣として、今年も全力で取り組んでいく。

質疑応答

 【緊急事態宣言、Go To …

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら