[PR]

 愛知県の大村秀章知事は4日の記者会見で「現段階では緊急事態宣言を要請する状況ではないと考えている」と述べた。県内の新規感染者数は昨年12月30日に294人に達したが、今年1月に入ってから200人を下回っており、大村氏は「首都圏とは客観的な感染者の状況の水準が違う」とした。

 一方、愛知県は全県で酒類を提供する飲食店などに営業時間を午後9時までに短縮するよう要請しているが、大村氏は4日、これまで11日までとしていた要請期間の延長を検討する考えを示した。4日に西村康稔経済再生相と電話協議したといい、「協力金への国の財源措置の状況もにらみながら検討していきたい」と述べた。(中野龍三)