[PR]

 航空各社は4日、年末年始(12月25日~1月3日)の輸送実績を発表した。国内線の搭乗者は前年より約57%減の約146万8千人、国際線は約95%減の約3万2千人とともに激減。搭乗率も国内線が約43%(前年比約38ポイント減)、国際線が約21%(同約63ポイント減)と大幅減となった。新型コロナウイルスの感染拡大に加え、政府の観光支援策「Go To トラベル」の全国一斉停止で帰省や旅行を控える動きが相次いだことが影響した。

 東日本高速道路(NEXCO東日本)などの高速道路各社も4日、年末年始(12月26日~1月3日)の交通実績を発表した。全国の主要区間(40カ所)の1日あたりの平均交通量は2万4500台で、前年と比べて35%減った。渋滞も大幅に減り、10キロ以上の渋滞は52回(前年比73%減)。昨年は7回あった30キロ以上の渋滞は今年はなかった。

拡大する写真・図版到着出口では帰省客らの混雑は例年より少なかった=2021年1月3日午後4時19分、大阪空港、矢木隆晴撮影

拡大する写真・図版東名高速道路の東京料金所。上り車線(手前)の車はまばらで、渋滞は見られなかった=2021年1月3日午後2時55分、川崎市宮前区、朝日新聞社ヘリから、長島一浩撮影

拡大する写真・図版乗降客の少ないJR東京駅の東海道新幹線のホーム=2021年1月3日午後3時43分、福留庸友撮影

拡大する写真・図版到着出口では帰省客らの混雑は例年より少なかった=2021年1月3日午後4時19分、大阪空港、矢木隆晴撮影

拡大する写真・図版Uターンの時期になっても、東北新幹線の上り列車に乗り込む人たちはまばらだった=3日、JR仙台駅