タクシー暴走か 歩行者の女性死亡、5人重軽傷 渋谷区

[PR]

 4日午後7時ごろ、東京都渋谷区笹塚1丁目の甲州街道で、走行中のタクシーが横断歩道を渡っていた小学3年生の男児(9)と、20~40代の男女5人をはねた。このうち女性(49)が死亡し、ほか5人は重軽傷を負った。タクシーの男性運転手(73)も病院に搬送された。警視庁は、運転手の回復を待って自動車運転死傷処罰法違反の疑いで逮捕する方針。

 代々木署などによると、タクシーは現場を西に向かって走行し、立体交差の高架部分を降りた直後、赤信号を無視して交差点に進入したとみられるという。歩行者をはねた後も100メートルあまり走行を続けて停車した。署は、運転手が当時、意識がもうろうとしていた可能性があるとみて調べている。

 現場近くのコンビニで働く女性は「爆発音のような大きな音がして驚いた。来店した客から『数人が道路に倒れていた』と聞いた」と話した。