タンタン「また明日ね」 コロナ禍で延びた特別な時間

有料会員記事

森下友貴
[PR]

 梅元良次さん(38)は出勤すると、まずタンタンのところに顔を出す。

 「おはよーさん」

 タンタンは「両手」を挙げて近づいてきて、檻(おり)につかまる。梅元さんが「えさくれポーズ」と呼ぶしぐさ。「今日も元気だ。それに、やっぱりかわいい」

 梅元さんは神戸市灘区の市立王子動物園の飼育員。ジャイアントパンダの「タンタン(旦旦)」(メス25歳)を担当して12年半になる。

 タンタンは昨年7月で中国との契約が終わり、帰国するはずだった。だが新型コロナウイルスの感染拡大で、故郷・四川省までの直通便が飛ぶ見通しが立たなくなり、帰国が延期されたまま、年を越した。

 思いがけず生まれた特別な時…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら